肩こりについて

お問い合わせはこちら

肩こり

 肩こりとは、普段の生活習慣や仕事などで、首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張して、血行が悪くなり、重さを感じる状態です。

首や肩の周辺には、さまざまな筋肉が集まっていて、重い頭を支えて、歩行をする人間の首や腰には、もともと負担がかかりやすく、さらに頭や腕を支える肩には大きな負担がかかります。肩や背中の筋肉は、重量で常に緊張して疲労している状態です。硬くなった筋肉によって血流が悪くなって滞ってしまったり、末梢神経が傷つくなどいくつかの要素が重なって肩こりをおこします。首や肩の筋肉の緊張が続くと、筋肉に疲労物質(乳酸)がたまって硬くなります。これにより血管が圧迫され、血液の循環が悪くなります。その血行不良によって、筋肉への十分な酸素や栄養が滞ってしまい、血流が悪くなってしまい、ますます疲労がたまり筋肉が硬くなるというサイクルをを繰り返てしまいます。さらにテレワークや長時間のデスクワークやソファーでよこになったりしていると、ゆがんだ姿勢を続けることで筋肉の疲労や緊張はよりひどくなります。どうしてもいつものクセでかばんを持つ手がいつも同じであったり、肩掛けのバックををかける肩が無意識に上がってしまったりすると、左右の方の高さが変わってくることから片方の肩に負担がかかり、肩こりがひどくなってしまいます。また夏場は冷房のきいた部屋にいたり、直接風が当たってしまい、体が冷えることで血行不良がおこり、肩こりを起こしやすくなります。肩こりの症状改善に整体を受けに来られる方も多々いらっしゃいます。


肩こり症状

 整体で来院される肩こりの症状は、首から肩にかけての筋肉が硬くなったような痛みから、筋肉が緊張し、つかんだり押したりすると、痛みや不快感が生じるようになります。初期の段階で、腕のつけ根から首への肩上部にある僧帽筋(そうぼうきん)が緊張して張り詰めることで、肩の動きの違和感、肩甲骨・頸部の重たさや硬さを感じるようになります。

「肩がこった」となと思う方はすでに経験済みかもしれませんが、ほとんどが手で反対側の肩を押したりして柔らかくしようとしますが、簡単にこりは解消しません。

肩こりが進むと、何かかが乗っかっているような重みを感じたり、鉄板のような硬さや痛み、不快な症状を感じるようになっていきます。このときには、肩だけでなく、首や腕にも同じような不快感を感じるようになり、肩甲骨から背中にかけても広域に渡って、硬さを感じるようになります。筋肉は血流の不足で疲労状態となり硬くなっているので、首を回してみるとボキボキ音がしたり、肩関節や背中を動かして骨が鳴ったりするのを気持ちよいなと感じます。しかし、これでこりが解消するわけではありません。肩こりや背中の痛みが進行すると、肩や腕、指先にまで痛みや放散痛やしびれが出てくることがあります。肩こりから首のこりによって、頸椎(けいつい)を通る神経が炎症をおこして、神経痛になってしまうのです。その他に、筋緊張性の頭痛、吐き気、めまい、眼精疲労、などを誘発することもあります。


コリコリ重い肩こりの原因とは


肩こりの原因は、長時間のデスクワークや姿勢の悪さ、体の冷えなどが指摘されていますが、こりをおこす原因があります。

【筋肉疲労】

  毎日、パソコンを使った事務仕事で同じ姿勢を取り続けたり、長時間車を運転したりすると、緊張を強いられます。同じ姿勢でいると、肩こりや腰痛の原因となります。筋肉が緊張して疲れてくると、筋肉の中で酸素不足が起こり、疲労物質である乳酸などが蓄積していきます。これによって、筋肉が硬くなり、こりやだるさを感じるようになります。同じ姿勢や同じ筋肉を使い続けることが、こりの原因になります。

 

【血行不良】

 筋肉が硬くなると、血行が悪くなりさらに筋肉を硬くしていきます。お風呂に入ったり、あたたかいシャワーを肩や首に浴びたりすると、マッサージ効果で肩こりや腰痛は楽になります。温めることで血液の流れがよくなるからです。疲れて硬くなった筋肉は、周囲の血管を圧迫して、血行を悪くします。血行が悪くなると、硬くなった筋肉の疲労物質の乳酸などが排出されず筋肉内にとどまってしまいます。また、筋肉に届くべき酸素が不足してさらに乳酸を作るので、筋肉が硬くなっていいきます。この悪循環で肩こりは、ひどくなっていくのです。肩こりの場所がいつも同じところで、もんでもマッサージしても改善しないことがあります。このような肩こりを当院抹消神経がダメージを受けている可能性が考えられます。末梢神経は全身に張りめぐらされていて、痛みやしびれを脳に伝える神経です。硬くなった筋肉やたまった乳酸などの刺激によって、筋肉の近くを通る末梢神経が圧迫され、ダメージを受けてしまします。これによって、その場所に違和感が生まれたり、ジーンとする圧迫感や張りをこりや痛みとして感じたりするのです。

肩こりを生む体の構造

整体で来院される方の多くが肩こりの自覚症状を持っておられます。では肩こりと人体の構造と肩こりに関係する筋肉ついて。

肩こりに関連する筋肉は僧帽筋、頭半棘筋、頭・頚板状筋、甲挙筋、棘上筋、小菱形筋、大菱形筋などいろいろあります。中でも、首の後ろから背中までの幅広い筋肉である、僧帽筋(そうぼうきん)が特に肩こりに関係する筋肉になります。

普段意識する事はないかもしれませんが、二足歩行によって、腰と肩には大きな負担がかかっています。

頭の重さは体重の10%ほどなので、体重が50㎏ぐらいの方で5kg~6kgほどの重さ。また、腕も重たい部位で体重の6%ほどを占めており、体重が50㎏の方で片腕3㎏ぐらいです。
スマホ閲覧と頭の重さ重たい頭と重たい腕を支え続けるのが首と肩です。首は頭を、肩は腕を「ぶらさげている」状態といえます。

歩行時やデスクワークの時など、常に負荷がかかり続け、腕を「ぶらさげている」状態なので、肩には筋肉が必要です。女性の方が肩こりの症状が発生しやすい一因として、腕を支える筋肉量が一般的に男性より少ないことが挙げられます。
 


  • 20分コース
    肩首のみなど時間のない方向け

    1,800円(税込)

  • 30分コース
    上半身or下半身などカラダの半分がつらい方

    2,800円(税込)

  • 40分コース
    全身的な施術がご希望な方向け

    3,800円(税込)

  • 60分コース
    全身的な手技にストレッチなどを組み合わせたコース

    5,600円(税込)


とれいん整骨院

とれいん整骨院

電話番号
046-259-7603
所在地
〒243-0405
神奈川県海老名市国分南1-3-12
スティックビル101
営業時間
月、火、木、金曜日
 
AM 9:30~12:00      








PM14:30~20:30








土、祝 








AM 9:00~12:15








PM 14:00~18:00
定休日
水曜日お休み

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。