【身体と水分について】海老名整体とれいん整骨院

お問い合わせはこちら

ブログ

海老名整体とれいん整骨院/カラダの水分について

2020/06/11

海老名整体とれいん整骨院です。【身体と水分について】

私たちの身体にはたくさん水分が含まれていて大人では体重の約60%が体液と呼ばれる水分でできています。生まれたばかりの赤ちゃんは80%。つまり体重が70㌔の成人男性は約42リットルもの水分を体内に蓄えています。人間は水でできているといってもよいでしょう。水などで摂取した水分は腸で吸収されて、血液などの「体液」になって循環していきます。

 体液は私たちの生命にかかわる大切な役割を果たします。それは栄養分を身体に運び老廃物を体外に出す「運搬」と体温が上がった時に皮膚への血液循環を増やし汗を出して熱を逃してあげて体温を一定に保つ「体温調整」の役割です。脱水の兆候として体の水分の2%が失われると喉の渇きを感じ、運動能力が低下すると言われ、10%以上になると命の危険があると言われます。水分の摂取は人間にとって欠かすことのできない大切なものなのです。※参考 中野昭一編「スポーツ医科学」第2章 体液・血液の働き

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。