【長脛靭帯炎について】海老名整体とれいん整骨院

お問い合わせはこちら

ブログ

海老名整体とれいん整骨院/腸脛靭帯炎について

2020/07/04

海老名整体とれいん整骨院です。膝の屈伸を繰り返すスポーツに多い【腸脛靭帯炎】

 膝関節周辺には、膝伸展機構以外にも、後方のハムストリングス、膝窩筋、内側の縫工筋、外側の腸脛靭帯などの筋・腱があり、これらの筋・腱を起因とした障害がみられます。具体的には、外側の腸脛靭帯炎内側の鵞足炎などです。

 腸脛靭帯は腸骨稜から脛骨近位外側に走行し、膝関節伸展時には大腿骨外側上顆の前方にあり、屈曲時には後方に移動します。このため、膝の屈伸を繰り返すスポーツでは、腸脛靭帯と大腿骨外側上顆との間の機械的刺激により腸脛靭帯炎が生じると考えられています。

 自覚症状としては、ランニングによる膝外側の疼痛が特徴的です。通常、走行開始時にはなく、距離の増加とともに出現します。腸脛靭帯炎が発生しやすいスポーツとしては、陸上の長距離協議、自転車競技などが挙げられます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。