【梅雨の時期の熱中症について】海老名ビナウォーク近とれいん整骨院

お問い合わせはこちら

ブログ

【梅雨の時期の熱中症について】海老名ビナウォーク近とれいん整骨院

2020/06/02

海老名駅ビナウォーク近く整体とれいん整骨院です。梅雨の時期に意外に多い熱中症について

人間の体温は37度くらいで、皮膚の温度は33度くらいです。人間は病気と闘う際に免疫細胞が活発に働く38℃くらいまで体温が上がりますが、病気でもないのにカラダの熱が下がらずに体温が上がってしまうとカラダに影響を及ぼしてしまいます。これがいわゆる熱中症です。梅雨どきは体温を下げるために汗をかいても乾きにくく熱が逃げにくくなってしまい熱中症のリスクが高まります。実際に熱中症の症状になってしまった時の状態のよって分類がされています。

【軽症】めまい、痙攣、発汗、湿疹【中等症】頭痛、嘔吐、倦怠感、集中力判断力の低下【重症】意識障害

                                分類及び図   ※東京都医師会HP参照

予防のためにもこまめな水分補給と風通しのよい環境をこころがけましょう。運動やスポーツクラブなども解禁かれましたが、カラダもまだまだ運動に慣れていない状況です。とにかく無理のないような計画的な運動が必要です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。