「ゴルフ肘」

お問い合わせはこちら

ブログ

ゴルフ肘/海老名整体とれいん整骨院

2021/06/04

海老名整体とれいん整骨院です。ゴルフや野球やテニスなどスポーツを続けていると肘に痛みを覚えることがあります。ゴルフクラブを振ると肘が痛い、これがいわゆるゴルフ肘と言われるものでゴルフをする人ならではの症状です。ゴルフ肘の原因とは、肘に無理な力がかかった状態で練習を続けることです。いつもの練習方法に問題があると考えられます。例えばスイングの際に肘が突っ張った状態で振り抜いていたり両肘に力を入れ過ぎた状態でスイングをしていたり、グリップに過度に力を入れてしまっていたりなどが考えられます。また体全体を使わずに手打ちの状態になってしまっている時や手打ちを避けるために肘から下を固定しすぎてしまっているといったことも原因として挙げられます。またグリップが劣化してしまって無理な力が加わっていたりすることもあるようです。

症状・・・ゴルフ肘はゴルフのフォームならではの症状であり、テニス肘とは痛む箇所が違います。ゴルフ肘で痛める場所は上腕骨の内側上顆と呼ばれるばしょでここが炎症を起こしているのです。手首や指を動かす筋肉から肘を動かす筋肉にかけて疲労がかかってしまうとそのしわ寄せとして筋肉のつけ根がある上腕骨内側上顆にも過度な疲労がかかり炎症をおこしてしまいます。痛み方として肘の内側に出るもので肘を伸ばしたときや手を握ったときに痛みが走ります。ただしずっと続くような痛みではなく日常生活は普通に送ることができるレベルです。しかし違和感や軽度の痛みをほっておくとある日突然激痛が襲うようなことが起きます。

 

海老名整体とれいん整骨院のゴルフ肘の治療では痛みのでている肘だけを治療するのではなく、カラダのつながりやバランスを考えい痛みのでずらいカラダ作り、トータルケアを目指します。また急なケガの保険治療、交通事故治療、産後ケア、整体など様々の症状に対応しています。オカラダのことでお困りの際は海老名整体とれいん整骨院にお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。