膝の痛みについて/海老名整体とれいん整骨院

お問い合わせはこちら

ブログ

膝の痛みについて/海老名整体とれいん整骨院

2021/06/08

海老名整体とれいん整骨院です。膝の痛みについて。

膝には、大腿骨(ふとももの骨)と膝蓋骨(お皿の骨)でつくられる膝蓋大腿関節があります。膝蓋骨と大腿骨が接触している部分には骨表面に軟骨があり摩擦を低減しています。膝を屈伸する際には膝蓋骨は軟骨のおかげで滑らかに上下や左右に動きます。

膝蓋骨大腿関節症とは、膝蓋骨(お皿の骨)が何らかの形でズレたり上下、左右に動かなくなってしまって膝蓋大腿関節に炎症が起きたり軟骨がすり減ったり骨が変形することでお皿の裏で痛み、違和感を生じる状態をいいます。

主な症状

・膝の疼痛、腫脹や熱感

・ジョギングや階段の昇り降りでのお皿の周りの違和感や痛み

・椅子から立ち上がる時のお皿の周りの違和感や痛み

・お皿の骨の引っかかり感や、膝の屈伸運動でゴリゴリ音がする

・ジャンプをしたり着地した時にお皿の周りの違和感や痛み

痛みがひどくなると、膝の曲げ伸ばしだけで痛みや引っかかり感が強く出て、安静にしていても痛みが出ます。また、腫れが出たり膝に水がたまったりすることもあります。お皿の骨の脱臼、亜脱臼(脱臼しかける)をしやすくなります。お皿がズレて動いていなくても軟骨のダメージが大きく痛みが出る場合は手術をしなければダメな場合もあります。

 

主な原因

原因①…柔軟性の低下

身体が固く、特に股関節外側(大腿筋膜張筋)、後方(大殿筋)、ふともも前(大腿直筋)、外側(腸脛靭帯)の筋肉が硬いとお皿は外側にズレやすくなります。

原因②…筋力が弱い

お皿を支えている筋肉である太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)、特にその中の内側の筋力(内側広筋)が弱いとお皿を中心に維持できなくなります。また、膝が内側に捻じれないようにお尻にある中殿筋の筋力も重量です。

 

原因③…間違った膝の使い方

膝が捻じれた状態で曲げ伸ばしをすると、ふとももの筋肉に引かれた際にお皿が中心から外れて動くようになります。特に多いのは、つま先に対して膝が内側へ入る状態です。膝が内側へ入った状態でジャンプや着地していませんか?膝が内側、つま先が外側を向いた状態で切り返したり、ターンをしてませんか?

この状態で使うとふともも筋肉に引かれお皿は外側へズレながら動きます。それによりお皿とふとももの骨の関節が外側だけ圧迫された状態で動かすことになり、摩擦により炎症が起こり痛みが出ます。

原因④…骨盤や下半身の関節の歪み

骨盤や下半身の関節の歪みがあることによって、膝が捻じれた状態、体の重心が異常、過度な片足への負担増大などになってしまっていることがあります。

【痛みを取るためにはどうすればよいの?】

セルフケア初期であればまずアイシング。膝とつま先がまっすぐに動くように意識しながら、テーピングで様子を見て改善する場合があります。しかし、1週間以上痛みが続いたり、徐々に痛みが増すようであれば早めに専門家への受診をお勧めします。

海老名整体とれいん整骨院では一人一人の原因を見極め根本的な身体の問題に対して施術していきます。痛みを取るだけではなく、原因をしっかりと改善するので再発も防げます。患者様の痛みと生活に寄り添って治療を行います。このような症状や上の原因が当てはまる方は、海老名整体とれいn整骨院にお気軽にご相談下さい。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。