水泳肩

お問い合わせはこちら

ブログ

水泳肩/海老名整体とれいん整骨院

2021/06/11

海老名整体とれいん整骨院です。水泳でも肩を痛めてしまう方意外と多いです。コロナで自粛されていた方も予防接種を終えて運動を再開しようとされている方はオーバーワークにならないように気を付けましょう!

【 原 因 】

スポーツ障害の中でも野球肘と共に多いのが、野球肩(水泳肩)です。野球肩(水泳肩)という名称ですが、野球(水泳)に限らず、オーバーヘッドスローイング動作を行うスポーツ全般で発症します。野球のピッチャー、キャッチャー、バレーボールのアタッカー、テニスのサーブ・スマッシュ時、水泳(クロール、バタフライ)、ハンドボール、やり投げなどでも起こります。野球肩(水泳肩)は肩に負担がかかり、肩の組織に炎症などを招いた状態を言います。使いすぎ(オーバーユース)により、疲労が蓄積し痛みが現れます。この他に悪いフォームが原因になっていることも多い為、フォームを治さなければ再発を繰り返します。

【 症 状 】

投球時の痛み、腕を上げた時の痛み、外旋・内旋時(肩をひねる動作)の痛み、ストレッチ時に異音を発する、関節可動域が狭くなる、患部を押すと痛い、肩が突っ張った感じがある、など症状は人それぞれです。

【 治 療 】

軽~中度の場合は、干渉波や低周波、マイクロ波や赤外線、ホットパックなどの物理療法を行います。又、スポーツ復帰を目指しマッサージや整体を行います。関節や軟骨や靭帯に損傷がある場合など重度の場合は手術が必要になることもあります。

海老名整体とれいん整骨院では整体や急なケガの保険治療交通事故治療産後ケアなど様々ば症状に対応しております。カラダのことでお困りの際は海老名整体とれいん整骨院にお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。