夏のスポーツを支える飲みもの・スポーツドリンクを薄める理由とは/海老名整体とれいん整骨院

お問い合わせはこちら

ブログ

夏のスポーツを支える飲みもの・スポーツドリンクを薄める理由とは/海老名整体とれいん整骨院

2022/08/11

海老名駅徒歩7分海老名整体とれいん整骨院です。当院ではぎっくり腰や捻挫肉離れなど急なケガの専門院です。海老名市綾瀬市の方で急なケガのお困りの方は海老名整体とれいん整骨院にお気軽にご相談ください。スポーツドリンクは飲みやすさと体内への吸収効率を考慮して、水分、塩分、糖質などをバランス良く含んでいますが、汗をかけばかくほど汗から塩分が排出されるため、体液の浸透圧は低くなり、水分の吸収スピードは遅くなります。体液と同程度の糖分濃度を持つアイソトニック飲料は運動前の糖質補給としても役立ちますが、運動が長時間にわたってくると水分補給の遅れが脱水症状につながってしまうことがあります。このような場合はスポーツドリンクを少し水で薄めるように糖分濃度を調整すると、すみやかな水分補給に役立ちます。スポーツドリンクの中でも粉末タイプのものを選び、運動前は通常の割合で飲み物を準備し、試合の中盤から後半にかけては少し多めの水で糖分濃度を薄めるようにすると、脱水症状の予防に役立ちます。

【飲み物の温度にも注意しよう】
 飲み物の温度については8〜13℃程度のやや冷たさを感じる程度のもの、常温のものが望ましいと言われています。暑い時期は冷たい飲み物がほしくなりますが、あまりにも冷えたものを飲んでしまうと胃腸を冷やしてしまい、消化・吸収能力が低下してしまうためです。ただし糖分の入っている飲み物を屋外で長時間放置しておくと品質の劣化につながってしまうため、あらかじめクーラーボックスなどで保管しておき、必要に応じて飲むようにすると過度に冷えるのを防ぐことができます。

【体重や尿の色・量などで脱水になっていないかを判断する】
 脱水を予防するための水分補給の基本をおさらいしておきましょう。

1)汗で失った量と同等の水分補給をする
2)体重の2%以上の水分を失わないように注意する
3)水分はこまめに摂取する
4)スポーツの前後と途中に水分補給を行う
5)電解質も補給する

 普段から運動前後で体重測定を行っておき、運動後に体重がどのぐらい減少しているかを把握することが大切です。体重の2%以上減少しているようであれば水分補給が間に合っていないことが示唆されます。この他にも体重測定がむずかしい場合は尿の色や量などから判断することもできます。運動後の尿の色が明らかに濃くなっていたり、量が極端に少ない場合はこれも脱水予備軍であると言えるでしょう。

 水分補給をおろそかにしてしまうと、コンディションを崩してパフォーマンスにも影響が及び、結果として実力が発揮できなかった…ということにもなりかねません。暑い時期に適した水分補給を改めて確認し、それぞれのパフォーマンスに役立ててましょう。海老名整体とれいん整骨院では急なケガの保険診療、交通事故治療、産後ケア、マッサージと様々な症状に対応しています。お体のことでお困りの際は海老名整体とれいん整骨院にお気軽にご相談ください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。