【入浴について】海老名整骨院とれいん整骨院

お問い合わせはこちら

ブログ

海老名整体とれいん整骨院/入浴について

2020/07/28

海老名駅徒歩7分海老名とれいん整骨院です。今回は入浴について。

電気療法のように物理的な刺激で症状を改善する方法を物理療法と呼びますが、その一種でカラダを温めたり冷やしたりする温熱療法があります。そして身近にできる温熱療法が日本人が大好きな『入浴』です。体温より熱いお湯に入ると、体表の血管が開いて血液循環がよくなります。深層部の血管は皮膚を巡るうちに暖まり、全身がポカポカになります。血液循環が良くなると血液によって運ばれる酸素が筋肉に供給されてコリやこわばりも和らぎます。肩こりや腰痛の緩和に良いですね。熱すぎると長く入れないので、15分~20分程ゆっくりはいれるぬるま湯でゆっくり温まりましょう。入浴剤を入れるなら炭酸ガスを含む入浴剤を使うと効果倍増です。ツムラバスクリンの入浴指導員の方がメディアでおっしゃっていましたが、炭酸ガスが皮膚から吸収されて血液中に増えると、これをスムーズに排出するために血管が拡張して血流を増加させる効果が期待できるそうです。夏場は入浴はせずにシャワーで済ますという方が多いかもしれませんが、入浴には肩こりやカラダの疲れを解消するメリット満載です。ゆっくり時間がとれそうな時はバスタブに入りましょうね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。