肩こり

お問い合わせはこちら

ブログ

肩こりについて

2020/10/06

肩こりといっても人によって感じる症状はさまざまです。首や肩が痛い、背中や腕にかけ痛い、肩が重く感じるなどの症状から慢性化すると頭痛、めまい、眼精疲労などを伴うこともあります。肩こりによる不快感は長時間のデスクワークなどで前かがみの姿勢を取り続けることによって、筋肉が緊張して血行が悪くなることで生じます。特にこれから寒くなって服の重ね着などの影響で、筋肉がさらにこわばって血行不良が進み、肩こりが悪化しやすくなります。このような状態にストレスや座りっぱなしで動かない生活習慣が加わると肩こりのコリ感がさらに増して、症状をさらに強く感じるようになります。つらい肩こりの対策として入浴やマッサージなどは血行が良くなるため有効です。実は肩こりの原因となる筋肉は、首よりも肩甲骨につながっています。本来肩甲骨は肋骨の背中側の上にあり、島のように浮いた構造をしていて、肋骨の上をすべるように動くようになっています。しかし、長時間じっとして前傾姿勢を続けることが多い方の場合、肩甲骨が外に広がって動かないため、血行が悪くなり固まりやすくなります。そのため余計に肩甲骨の動きも悪くなり、ガチガチに固まっていく悪循環に陥ります。これらの症状の改善には肩甲挙筋と菱形筋のコリをほぐすことが肩こり解消へとつながっていきます。とれいん整体の肩こり施術ではつらいところだけでなく、関連する部位を広範囲に施術することによって症状の改善を目指します。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。