交通事故治療/むちうちについて

お問い合わせはこちら

ブログ

海老名とれいん整骨院/交通事故治療/むちうちについて

2020/11/05

海老名駅徒歩7分海老名とれいん整骨院です。11月は交通事故が多い時期と言われます。今回はむち打ちについてです。むち打ちは正式な病名を外傷性頸部症候群、あるいは頸椎捻挫、頸部挫傷よ呼びます。交通事故やスポーツのアクシデントで、強い衝撃が首にかかることによって生じます。むち打ちは主に出現する症状を中心としますが身体全体に不調が認められる場合、治療が長期にわたる可能性もあります。むち打ちによる影響はカラダに出るものだけとは限らいので、軽く考えずにできるだけ早く医療機関を受診されることをお勧めします。むち打ちの症状は偶発的な衝突などにあった際に出現するものです。事故に遭遇した瞬間カラダは防衛本能が働くこともあって緊張と興奮状態にあります。直後は症状が出なくても12時間~48時間後に症状があらわれることもよくあります。とくに症状がなくても検査を受けることが賢明です。出血した外傷などがなくても強い衝撃を受けた頭や首の内部ではなにがおきているかわかりません。症状も全身に及ぶこともありむち打ちによるものか判断がしにくいのもあります。首が回らない、動かすと痛みを感じる、頭痛がする、吐き気がする、めまいがする、肩甲骨や背骨の周辺が痛いなどの症状があれば放置せず早期に受診しましょう。むち打ちの原因としては交通事故やスポーツによるケガなどによるものが多くを占めます。むちうちの治療は症状にかかわらず、速やかに受診することが重要です、安易に自己判断しないようにしましょう。海老名とれいん整骨院の交通事故むち打ち治療では症状が出始めた初期のうちと時間が経過してきた頃で治療法も変えていきます。初期治療では損傷を受けたばかりの頃は患部に炎症が起こっている可能性が高い状態です。受傷後すぐ患部の施術はせず、関連する範囲から施術を行い、患部はとにかく安静を心がけます。状態によっては頸椎カラーというコルセットで固定します。気をつけなくてはいけないのは、首が安定してラクなのですが、長期に渡って使用すると筋力低下をまねくおそれがあります。症状が落ち着いたら外すようしましょう。急性期から時間が経ち落ち着いたら症状の変化が現れます。痛みの質も激痛から鈍痛や全身の倦怠感などが出てきます。炎症が治まってきたらマッサージで物理療法などで温めて血行を促して症状の改善を目指します。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。