腰痛

お問い合わせはこちら

ブログ

繰り返し起きる腰痛/海老名とれいん整骨院

2020/11/12

海老名駅徒歩7分整体とれいん整骨院です。腰痛について。

ある日ある時、ピキッと音がして、それから腰砕けに。一度、腰痛症状に陥って以来、季節の変わり目や温度差の激しいときなどに生じるイヤな痛み。そんなときいっそうヘルニアのように病名がついてしまった方が納得できたりしそうな気がするというような腰痛持ちの方々も少ないないように感じます。実際に腰痛症状85%が、原因が特定しきれないと言われています。そして椎間板ヘルニアなどの診断名がつくのは、残りわずか15%です。

原因が特定できる腰痛を特異的腰痛、これに対して原因が特定できない腰痛を非特異的腰痛と呼びます。

85%を占める非特異的腰痛の明確な原因を自分で探り出すとても難しいです。椎間板か椎間関節?それとも仙腸関節?筋膜の炎症?

圧倒的多数を占める非特異的腰痛は、さらにふたつに分類されます。

ひとつは動作や姿勢などメカニカルな要因が根本にあるもの。

S字カーブを描く背骨の構造そのものと、日常生活などの不良姿勢などのによる腰部への負担が原因で腰痛が起こっているものという考え方。

もうひとつはメカニカルな条件とは無関係に、心理的な要素で痛みが生じるもの

脊椎や腰椎の構造的な問題はひとつの問題にすぎず、もっと大きな括りとして心理的・社会的問題が腰痛に深く関わっているという考え方です。近年、非特異的腰痛のリスクファクターとして以下のような項目が挙げられている。

・心理的ストレス・以前に腰痛経験がある・持ち上げ動作などの負担などなど。

そして慢性化に悩まされる因子としては、

・苦悩・仕事の満足度の低さ・腰痛に対する過剰な不安や恐れなどが挙げられてます。

たとえば、ぎっくり腰の経験者なら、こんな覚えはないでしょうか。ある日ある時、ピキッと音がして、それっきり腰くだけ。少し動けるようになるのを待って、なんとか病院へ駆け込んだのはいいが「できるだけ安静にするように」という医師の言葉がココロに刻まれます。以来、痛みに対する不安や恐れに必要以上に囚われ、腰に障る動作をできるだけ避けるようになる。腰をかばうあまり、骨盤や腰椎周辺の筋肉が活動せずに、常に緊張しガチガチに固まってしまう。するとちょっと躓く、ちょっと振り向く、ちょっとくしゃみをする。そんな程度の刺激で、腰痛が再発してしまうケースが少なくないです。痛みが再発すると、ますますカラダを動かさなくなり、仕事や趣味にも身が入らず、ますます気分は萎えていく。とことん悪循環のサイクルに陥ってしまいます。

 腰痛が長く続くと積極的な運動を行う気持ちもなくなってしまいますが、痛みと上手に付き合いながら積極的にカラダを動かすことが慢性化を防止にもつながります。腰痛体験者は成人の約80%。いつ誰に起こっても不思議ではない症状です。寒くなって動きずらい時期になってきましたが、無理のない範囲で積極的な運動を行い、慢性的な腰痛や定期的にやってくるぎっくり腰を解消してきたいですね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。