股関節腰痛

お問い合わせはこちら

ブログ

股関節が原因の腰痛について/海老名整体とれいん整骨院

2020/11/14

 海老名整体とれいん整骨院です。すこし前までは、腰痛のほとんどは中腰の辛い農作業、重たい物の運搬といったハードな運動による腰へのストレスが主な原因でした。それと対照的に近年の腰痛と言えば、運動不足から起因しているケーズが少なくないように思います。そしてその腰痛の原因が、股関節であることがあります。

 股関節は、大腿骨の丸みを帯びた先端(大腿骨頭)が、骨盤の外側にある凹みに入り込んだもので、肩関節と同じように、あらゆる方向に自在に動くのが特徴である。ですが、デスクワークなどの坐り姿勢が続くと、股関節は屈曲(大腿が前から骨盤に近づく動き)したままでガチガチに固まってしまいます。これが運動不足型腰痛の引き金です。股関節の屈曲がクセになると、倒れないようにまっすぐ立つために、骨盤の前傾が強くなります。その結果、骨盤の連なる腰椎の前弯も強くなってしまいます。これが腰椎周りの筋肉や靭帯、関節の負担となり、慢性的な痛みや凝りが生じてきます。それだけではなく、股関節と腰椎は連携して動いているため、物を拾う時のように前屈するときは、股関節も腰椎も曲がっていきます。そして股関節が固まってしなやかに動かなくなると、それを補うために腰椎は過剰に動きます。たとえば、前屈時に股関節の前屈が制限されると、腰椎が余計に曲がることに。その繰り返しで腰椎周りの組織への目に見えないダメージが蓄積してしまいまいます。 

 股関節が関連する腰痛の対策は簡単な筋トレ&ストレッチです。まずは股関節を屈曲させる筋肉が硬くなっているので、ストレッチで暖めて可動域を広げる。標的は、大腿前側の大腿四頭筋、大腿骨と骨盤と腰椎を結ぶインナーマッスル(深層筋)である腸腰筋などになります。更に股関節を伸展(大腿が骨盤から後ろへ離れる動き)させる筋肉が弱くなっているので、筋トレも必要になってきます。大腿後ろ側のハムストリングス、お尻の大臀筋と中臀筋がトレーニングの対象になります。また、運動不足で弱くなりやすいお腹の腹筋群(腹直筋、外・内腹斜筋、腹横筋)猫背などの不良姿勢で硬くなる腰背部の脊柱起立筋にも注目です。腹筋群が緩むと骨盤は前傾しやすく、腰椎にかかる負担を抑える腹圧も低下します。いずれも腰痛に直結するし、硬くなった起立筋は腰痛の巣。腹筋群を鍛えて起立筋を緩めたいですね。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。