産後の手首の痛み

お問い合わせはこちら

ブログ

産後の手首の痛み/海老名とれいん整骨院

2021/04/16

海老名整体とれいん整骨院です。産後に手首にズキンとした痛みや、何かを取ろうとした際に違和感を感じたことはありませんか?

おそらくそれは、腱鞘炎と呼ばれる症状です。腱鞘炎とは、筋肉と骨をつなぐ腱という組織を守っている”腱鞘”に炎症ができ、関節に痛みを引き起こす疾患。腱鞘炎の原因は関節の酷使と、女性の場合はホルモンバランスが関係しているとも言われています。

妊娠・出産の際に多く分泌される女性ホルモン(プロゲステロン)は、腱鞘を収縮させる作用があり、通常よりも腱と腱鞘の摩擦が起きやすく炎症を起こしやすい状態になります。加えて産後の抱っこなどによる手の使い過ぎで、腱鞘炎になりやすくなるのです。産後ママを診ている中で、腱鞘炎になりやすいのは圧倒的に第一子のママさんです。女性ホルモンの急激な変動に加えて、慣れない育児動作の連続で、カラダも疲れていますし、初めての育児でつい動作ひとつひとつに力が入ってしまうのでしょう。手首を酷使し、結果的に腱鞘炎になるというパターンが多いように感じます。テーピングやサポーターで、手首をぐるぐる巻きにして来院されるのが何ともお辛そうです。

ちょっと工夫・手の平の向き

腱鞘炎の原因は、抱っこの仕方ということもあります。腱鞘炎気味のママ、抱っこするときに、手の平を真上に向けてませんか?人間の手首は筋肉があまり無い為、手首だけで赤ちゃんの体重を全て支えるには、構造上無理があります。手のひらが真上に向かないように少し工夫して、手首に負担をかけない抱っこを心掛けましょう。

一般的に言われる腱鞘炎は、親指側の手首に痛みが出ますが、指に症状が出る場合も。産後のこの指の痛みは、”ばね指”。これも腱鞘炎の一種です。ばね指の症状は、曲げた指が一時的に伸びなくなり、伸ばそうとするとばねのようにカクンカクンッと跳ね上がるように伸びる状態になる事です。また、このときに痛みを伴うことも。特に朝方に症状が出やすいのも特徴です。実は、このばね指、私も産後経験しました。朝起きてまずベッドから起き上がろうと手をつくと痛いんです。指を曲げ伸ばしする際に自分の意思に関係なく、カクンカクンッと変な感覚でした。悪化せずに快方に向かいましたが、何とも言えない指の痛みと不快感が忘れられません。

少しのお休みで手首、そしてカラダも休ませましょう

腱鞘炎にしてもばね指にしても、病院に行くと安静にするよう言われますが、育児と家事に追われるママにとっては安静と言われても難しいですよね。そういう場合は病院で鎮静剤を打つことを勧められますが、授乳中だったりすると、痛みを伴う注射を打つことに抵抗がある事ありますよね。せめて抱っこを家族にお願いして手を休めたり、母乳授乳を1回スキップしてミルク授乳をパパに任せたり、家事を少しお休みしたりできるといいですね。簡単なストレットやツボ押しなども効果的なので隙間時間に試してみましょう。

海老名整体とれいん整骨院の産後ケアコースでは骨盤の調整に加え、マッサージ、ストレッチなどカラダの状態に合わせ整体や産後ケアを行います。赤ちゃんをだっこした時に手首を急に痛めてしまった場合などは保険治療も可能ですので、お気軽にご相談、お問合せください。

  • 産後ケア・骨盤調整コース
    産後ケア・骨盤調整コース
    産後のケアと骨盤矯正のコースです。

    手技にしっかりと時間をかけてES5000と組み合わせた施術していきます。
    施術時間は40分程度です。
    初回~4回目までは筋肉の調整をしていきます。5回目~全体的な調整や骨盤に動きをつけていき、体に無理のない調整で約3ケ月程かけての元のカラダの状態を目指します。


    初回4500円 2回目3500円  (税込)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。