海老名整体とれいん整骨院/寝違えないようにするには

お問い合わせはこちら

ブログ

海老名整体とれいん整骨院/寝違えないようにするには

2021/10/12

海老名駅徒歩7分海老名整体とれいん整骨院です。寝違えの原因は、長時間同じ姿勢ですごしたり、姿勢不良からくる筋肉の過緊張や運動不足などの原因が挙げられますが、名前の通り寝違えは睡眠時、寝起き時に発生します。つまり寝違えの予防のためには、就寝環境の改善が要になります。

・寝具を整え寝返りをうちやすいようにしましょう。

実は、寝相の良い人は寝違えやすいと言われています。寝相の良い方は、就寝中に姿勢があまり変わっていない可能性が高く、筋肉・血流が凝り固まりやすいからです。就寝時の姿勢と起床時の姿勢があまり変わらない方・寝相が良いと人から言われる方は、自然な寝返りを促す就寝環境を作るようにしましょう。例えば、マットレスは硬めのものがおすすめです。低反発や柔らかい素材は寝返りが打ちにくくなるので、避けましょう。

・首に負担がかからない高さの枕を使おう

枕は、頭が本来あるべき位置(曲がっても反っても横に倒れてもいない位置)に来る高さのものを使いましょう。あまり寝返りを打たない人でも、枕の位置を正しくセッティングするだけで寝違えのリスクは随分減ります。

・寒い環境で寝るのは避けましょう

寒い環境で寝ると、血流悪化・筋肉硬直しやすくなります。冬場はもちろん、夏場もクーラーで冷やしすぎないように気をつけましょう。

・泥酔状態・過度に疲れた状態で寝るのは避けよう

お酒を飲んだ後は寝違えが起こりやすいと言えます。その理由はふたつ。

ひとつは、筋肉内の血流が低下しやすくなること。もうひとつは、酔っていると感覚が鈍くなるため、寝返りの回数が激減することです。また、過度に疲れているときにも、お酒を飲んだときと同じことが起きやすくなります。

海老名整体とれいん整骨院では急な痛みの治療は際は保険診療でおこなうことが可能です。また整体や交通事故治療など様々な症状に対応しています。カラダのことでお困りの際は海老名整体とれいん整骨院にお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。