背中が痛い時にやらない方が良い事/海老名整体とれいん整骨院

お問い合わせはこちら

ブログ

背中が痛い時にやらない方が良い事/海老名整体とれいん整骨院

2022/04/15

海老名駅徒歩7分海老名整体とれいん整骨院です。ぎっくり腰のように癖や生活習慣による筋肉の緊張によって背中に痛みが走ることがあります。背中に痛みがでてしまった時に痛い時のやらない方がよいこと。背中に痛みが出ているということは、筋肉はかなり固まっているといえます。背中が痛い時に絶対に避けてもらいたい行為をご紹介します。

仕事環境を見直さず、パソコン仕事を休みなく続ける
普段の姿勢が背中の痛みの原因であれば、デスクワークの環境(PCモニターや椅子の高さ)を見直さないで休みなく仕事を続けると、間違いなく悪化します。

パソコン、机、椅子の配置にはコツがあり、きちんと配置すると背中や腰、首に負担を軽減することができます。長時間働く前提で仕事環境を整えましょう。

痛み止めを飲んでごまかす
「背中が痛いけど仕事をしないといけない・・・」

真面目な人ほど、痛み止めを飲んで仕事を続けてしまいがちです。薬には副作用もありますし、何よりも一時的に痛みを弱めているだけなので、背中の痛みの根本的な解決にはなっていません。

症状はひどくなる一方なので痛み止めの服用はやめて、整骨院での根本治療を行いましょう。

背中に強いマッサージを受ける
これは背中の痛みが解消せず、むしろ悪化してしまう行為なのでやめましょう。 マッサージでなくても、強い刺激を背中に与えるのは同様にNGです。

強い刺激を与えると一時的に血流が良くなるので、気持ち良いのですが、強く押すことによって筋繊維を破壊しているので、筋肉はより固くなりダルさも増します。

強い刺激はリラクゼーションであって、治療ではありません。避けましょう。

 

海老名整体とれいん整骨院では急なケガや痛みの保険治療、交通事故治療、産後ケア様々な症状に対応しています。急な背中の痛みが起きた場合は海老名整体とれいん整骨院にお気軽にご相談ください。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。